医療過誤(医療事故)

医療事故に悩む人のために、情報サイトを立ち上げました。医療事故になりうるケースは様々あります。

医療訴訟を行う場合は、高度な専門知識が必要になります。もし、裁判を考えているのであれば、弁護士への依頼を検討すると良いです。

B型肝炎は、血液を介して罹患する疾病

注射の使い回し

B型肝炎ですが、これは血液を介して罹患する疾病とされています。慢性的な肝炎に陥る病気であり、原因とされるものとして、輸血、刺青を彫る際に注射等を使い回しして罹患する場合が考えられます。輸血で起こる場合、これは弁護士に相談をした上で医療機関等を訴えるべきとされています。

注射の使い回しですが、戦後から昭和末期まで行われた、幼児期における集団予防接種をする際に注射の使い回しをした事が在ったそうです。これは、医療上は著しく不衛生な行為となります。これが原因で慢性的な肝炎に罹患する事になりますが、快方に向かう事も在ります。

医療過誤、医療調査にお困りの方は、弁護士へ相談!

B型肝炎は快方に向かう

注射の使い回しで肝炎となったとしても、規則正しい生活をして且つ健康的な食事を常時心掛けていればB型肝炎は快方に向かうといいます。また、喫煙や飲酒を好む場合、快方に向かう事は無く、悪化してしまうといわれています。

注射の使い回しですが、現在は行われていません。注射針は、一回でも使用すれば医療法等では、速やかに廃棄処分をしなければならないとされています。使い回しは不衛生とされていますが、適正な医療行為を受けていてB型肝炎とは無縁かというとそうでない事が在ります。それは、性行為を不適切に行った場合であり、これに因ってB型肝炎に罹患してしまったというケースは少なくないとされています。