私の友人がレーシック手術を受けて視力低下の医療事故にあってしまった

今はやりのレーシック手術を受けた

私の友人が先日、今はやりのレーシック手術を受けたのですが、その治療後に視力が回復するどころか低下してしまうという医療事故にあってしまい、友人として何とかしてあげたいのですが、どうしていいのかわからず困っています。

視力が悪いことがコンプレックス

友人は視力が悪いことがコンプレックスで、裸眼で見えるようになりたいと昔から言っていました。そんな時にレーシック手術を受ければ視力が回復するということを聞いて友人はレーシック手術を受けることを決心したようです。ですがレーシック手術は値段が高いので、少しでも安く手術をしてくれる病院を探して、そこで手術をしてもらったということでした。

手術が終わっていざ視力を検査してみると、視力がよくなるどころか低下してしまっていて、友人は何のために手術をしたのかわからないととても後悔をしていました。友人はすっかり元気がなくなってしまい、友人の私としても友人をあのような姿にしてしまった病院のことが許せずにいます。友人はどうすることもできないとあきらめているのですが、私としては何とか友人の受けた被害を回復させてあげたいと思っています。このような医療事故の場合、被害の補償などについて病院側とはどのように交渉をしていけばいいものなのでしょうか。友人には弁護士の先生など法律のプロといえる専門家に相談に行ったほうがいいと進めるほうがいいのでしょうか。