インプラントの問題点

人工歯等を患者に埋め込む

歯科における自由診療とされるインプラントですが、これは人工歯等を患者に埋め込む事とされています。また、これは狭い意味でのインプラントとなっています。インプラントですが、広い意味では、ペースメーカー機器を体内に埋め込む場合、人工内耳を埋め込む事、も該当します。

ペースメーカー機器の場合、これは心収縮を人為的に行わせる必要が在る、心臓に障害が在る人が埋め込む物とされています。人為的に心筋に電気刺激を与えて、健常者と同様に心臓の機能を正常化させるのが目的とされています。

CTスキャンでのレントゲン撮影

ただ、ペースメーカー機器が内蔵されている人の場合、MRI(核磁気共鳴現象を利用し、体内の情報を画像化させる手法)検査は好ましくないとされています。ペースメーカーに異常が出る事が在るそうで、命を危険に晒す危険性が否定できません。また、CTスキャンでのレントゲン撮影も良くないとされています。ペースメーカー機器を内蔵する場合、医師と事前にしっかりと話し合った上で決めなければなりません。

糖尿病患者の場合は、人工歯等は付着し難い

歯科におけるインプラントですが、糖尿病患者の場合は、人工歯等は付着し難いとされています。また、医師の過失に因って感染症が起こる事も考えられるので、この治療法を選択する場合は事前にじっくりと考えた上で行動しなければなりません。

歯科トラブルですが、患者の同意を得ずにブリッジ療法をされたという事が在るといいます。患者の同意を得ずして行う行為は、これは著しい医療過誤であることは間違いありません。弁護士を通じて医療過誤訴訟を起こすのは当然とされており、証拠保全をして訴訟に臨むべきといえそうです。